トップ > 伏見の家づくり物語 > 通り土間のある開放的な家

伏見の家づくり物語

通り土間のある開放的な家





※クリックで拡大します。
真っ白で美しい漆喰と焼杉板の外壁。高台に建て外の景色を取り込み楽しむ家。無垢の天然木を伝統的な技を持つ職人が丁寧に仕上げた一邸。キッチンの背面には手造りの食器棚たカウンター。木の温もりが家族を包み込んでくれる。2階にはフリースペースもあり、家族が繋がっていられるように設計。
<<備前平屋の家 通り土間のある開放的の家 「掘りごたつ」のある暮らし>>
社長のひとこと
職人の技
お問い合わせ・資料請求
古民家再生物語